ツメのヒト Lino(リノ)

ブログBlog

「爪の噛み癖」を放置してると危険なこと

京都のお客様
幼少期からの爪の噛み癖
現在進行形のお悩みです
かなり「深爪」になってます
「爪」は自力で回復能力が無く、形状記憶するため、爪を噛んでいると「爪先は脆い」と記憶し、指先にいくにつれ脆くなり伸びる力が作り出せず深爪になります
「爪の噛み癖」は爪が脆くなり伸びないだけでなく、爪の役割である・手先の力・手先を動かす力・吸盤の役割・感覚感触が衰え
放置していると、指が滑り物を落とす、指先が振るえる、ブレるなど細かい作業力の低下、握力の低下、腱鞘炎を引き起こし危険です
「爪の噛み癖」対処法
ハワイ修業先のサロンでは病院や教育機関と連携し子供から大人まで様々なケースの噛み癖を拝見し「爪の機能を再生」させる施術を行なってきた経験から
子供の爪噛み癖は原因に適した対処方法を行えば比較的早期に改善する子が多かったです
大人の噛み癖は時間が掛かりますが爪の状態に適した施術で改善します
✴︎日本では透明なジェルや専用コートで保護や補強してる方が多いですが、それでは根本的な改善にはなりません
Linoでは根本的に噛まない爪を育て爪の機能を再生させる施術を行っています
爪は体の一部で同じ状態と言うのはありません
ご自身の噛み癖と爪の状態を正しく把握して施術していくことが大切です

いつもありがとうございます

-Me ka mahalo-
つめを育てるつめの人 Lino
こそっとインスタはじめました

◆ホームページ
http://tumenohito-lino.com

お問い合わせ
info.nts.lino@gmail.com
0569 84 4125

Rankingランキング

サロン情報
Info

サロン情報

〒479-0866 
愛知県常滑市大野町9丁目76番地

  • 電話
    0569-84-4125
  • 電車
    名古屋鉄道「大野町駅」下車して徒歩3分

予約カレンダー