ツメのヒト Lino(リノ)

ブログBlog

漁師さんの足の爪に興味津々

漁師さんの足爪

 

「左足の薬指と小指が2つに別れて生えて来て
靴下はく時に痛いから何かいい方法はないですか?」とお問合せ頂き爪の状態を拝見しました

 

たまに痛みや出血もあるそうです

2つに分かれて生えてくる原因は

例えば何らかの衝撃を受け爪に亀裂が入るとします、爪は形状記憶するため一度、その亀裂を記憶するとその部分にくると2つに分かれます

更に爪には自力での再生能力がないため再び衝撃が加われば亀裂は深くなります

 

クライアント様の爪はそれを繰り返している状態

 

ただ本当に危険なのは爪が2つに分かれて生えてくる事ではなく、、、

 

その事によって「爪の役割機能が衰え」

足指、足が変形し体や日常生活に様々な影響を与えてしまっています

クライアント様の場合

人差し指が他の指より下がっています

爪の役割の1つに「爪を動かす力を作り出す」と言うのがありますが、その役割が果たせず指を元の位置に戻すことが出来ていません

他の指も同様に少しずつ本来の位置からズレています
こうなると膝や腰に負担が掛かり膝腰痛が悪化します
後々(数十年後)に問題になりそうな事として、
「爪の役割」には歩く時の蹴り出す力、つま先を上げる力を作り出すと言うのがありますが、今の爪の状態ではその役割が果たせません
この状態を放置していると「爪が下向きに生え指が下に湾曲します」、そうなると筋力が衰えてきた時に足の平を上げても躓きやすなります
高齢になったとき転倒や骨折の原因となります
そんなお話しをしたところ
「もうすで結構、躓く」とお話ししてくださいました
まだ爪は過剰に角質化して無いため
月①「爪の役割機能を再生させる」施術を続けていただけると比較的早い段階で再生してきます
爪に興味を持ち連絡下さった事が嬉しいです
「爪の役割機能」を知っていただくために日本に帰国してよかったなと思った瞬間でした
ありがとうございます

 

大阪梅田「桜貝色の爪を育てる」施術

-Me ka mahalo-
つめを育てるつめの人 Lino
こそっとインスタはじめました

◆ホームページ
http://tumenohito-lino.com

お問い合わせ
info.nts.lino@gmail.com
0569 84 4125

Rankingランキング

サロン情報
Info

サロン情報

〒479-0866 
愛知県常滑市大野町9丁目76番地

  • 電話
    0569-84-4125
  • 電車
    名古屋鉄道「大野町駅」下車して徒歩3分

予約カレンダー